L-92乳酸菌ならアレルケアと守る働く乳酸菌どっちを選ぶ?違いは何?成分や乳酸菌量も比較してみた

「L-92乳酸菌」が入っているサプリメントは、「アレルケア」と「守る働く乳酸菌」の2つだけ。

これらを比較して、どちらを選ぶべきなのか、徹底比較しました。

アレルケアと守る働く乳酸菌は、含まれる乳酸菌の種類や量、飲みやすさなどは差がないのですが、価格の面で圧倒的にアレルケアの方が安いです。

<1ヶ月間の比較>
・アレルケア(粒タイプ)=2,100円
・アレルケア(こども用)=3,150円
・守る働く乳酸菌=4,140円
「アレルケア」なら1,000円〜2,000円の節約!
<半年間の比較>
・アレルケア(粒タイプ)=12,600円
・アレルケア(こども用)=18,900円
・守る働く乳酸菌=24,840円
「アレルケア」なら6,000円〜12,000円の節約!
<1年間の比較>
・アレルケア(粒タイプ)=25,200円
・アレルケア(こども用)=37,800円
・守る働く乳酸菌=49,6800円
「アレルケア」なら12,000円〜24,000円の節約!

アレルケアの方が1年間で2万4000円も安く、商品内容に差もないので、さすがに守る働く乳酸菌を選ぶ理由はありませんでした。

しかも、アレルケアは定期お届けコースを使えば、初回お届けが20%OFF2回目以降も10%OFFとお得になります。

したがって、迷った時はアレルケアが絶対おすすめです。

この記事では、アレルケアと守る働く乳酸菌のより詳細な比較をしています。

アレルケアvs守る働く乳酸菌!乳酸菌の面はまったく同じ

アレルケアと守る働く乳酸菌は、どちらも、「L-92乳酸菌」を摂るための乳酸菌製品です。

L-92乳酸菌を摂取できる商品は、同グループが販売している「アレルケア」と「守る働く乳酸菌」しかありません。(2019/01時点)

アレルケアと守る働く乳酸菌の乳酸菌量について、比較していきましょう。

乳酸菌量はどちらも20.7mgで互角

アレルケアシリーズと守る働く乳酸菌は全て、1日分で「20.7mg」のL-92乳酸菌を摂取できるようになっています。

「アレルケア こども用」も、乳酸菌量はすべて同じです。

守る働く乳酸菌は若干飲み残してしまうかも

守る働く乳酸菌は、ペットボトル入りの乳酸菌飲料です。

飲むときに若干容器にドリンクが残ってしまうため、20.7mgの乳酸菌を丸ごと摂取できない可能性があります。

製品中の乳酸菌を確実に摂取するという意味では、ドリンクタイプである「守る働く乳酸菌」より、粒タイプである「アレルケア」の方が少しグッドですね。

最大の違いはコスパ

乳酸菌サプリに限らず、サプリメントというものは、1回分飲めばそれで終わりというものではありません。

長期間継続することが前提になっているので、コストの安さ、つまり続けやすさも大切です。

アレルケアと守る働く乳酸菌で比べると、アレルケアが圧倒的にコスパがいいことがわかりました。

安さとコスパではアレルケアの圧勝

商品 定価 1ヶ月あたりのコスト 1日あたりのコスト
アレルケア 2,100円 2,100円 70円
アレルケアこども用 3,150円 3,150円 105円
守る働く乳酸菌 138円 4,140円 138円

1日あたりのコストで比べても、圧倒的にアレルケアの方が安いですね。

もう少し長期的に見ると、

<1ヶ月間の比較>
・アレルケア(粒タイプ)=2,100円
・アレルケア(こども用)=3,150円
・守る働く乳酸菌=4,140円
「アレルケア」なら1,000円〜2,000円の節約!
<半年間の比較>
・アレルケア(粒タイプ)=12,600円
・アレルケア(こども用)=18,900円
・守る働く乳酸菌=24,840円
「アレルケア」なら6,000円〜12,000円の節約!
<1年間の比較>
・アレルケア(粒タイプ)=25,200円
・アレルケア(こども用)=37,800円
・守る働く乳酸菌=49,6800円
「アレルケア」なら12,000円〜24,000円の節約!
なっちゃん3
乳酸菌の量は全く同じなのに、1年間で2万4000円の差が出てしまいます。さすがに守る働く乳酸菌を選ぶ理由はないですね……

しかも、アレルケアは定期お届けコースなら、初回20%OFF2回目以降も10%OFFとさらに安くなります。

アレルケアは定期お届けコースでさらに安くなる

アレルケアの公式サイトでは、「定期お届けコース」で商品を購入できます。

定期お届けコースとは、常時10%割引で、指定した日に自動的にアレルケアを届けてくれる、とってもお得な購入方法のこと。

しかも、初めて公式サイトを利用する人が定期お届けコースに申し込んだ場合、初回お届けは20%OFF!

デメリットとして、3回目のお届けまでは基本的には解約不可になりますが、

サプリメントの効果を確実に実感したいのであれば、3ヶ月〜半年程度は継続する必要があります。

サプリメントでじっくりと改善していくのであれば、定期お届けコースでの購入の方が、安くて再注文の手間もないので、おすすめです。

守る働く乳酸菌はスーパー&コンビニでも購入できる

「商品の手に入りやすさ」に関しては、唯一、守る働く乳酸菌が優れているところになります。

アレルケアは通販専用商品

アレルケアは通販限定商品なので、ネットで注文する必要があります。

コンビニやスーパー、ドラッグストアなどでの店頭販売はされていません。

届くまでに若干(2-3日程度)時間がかかるという点で、少し不便ですね。

守る働く乳酸菌の強みは近所のスーパーやコンビニで買えること

一方、守る働く乳酸菌は、全国各地のスーパーやコンビニで店頭販売されています。

「L-92乳酸菌を試してみたい」

と思い立ったときに、すぐに商品を買って試せる入手のしやすさは、アレルケアにはない利点です。

ただ、ほとんどのスーパーやコンビニでは、定価で販売しています。

守る働く乳酸菌を安く手に入れようと思ったら、結局はネット通販で割引のあるショップを探し、30本入りをまとめ買いすることになります。

最終的にネット通販に頼るのであれば、価格の安いアレルケアを使った方がお得です。

なので、お急ぎであれば、2-3日分「守る働く乳酸菌」を利用しながらアレルケアを待つのもいいかもしれません。

アレルケアと守る働く乳酸菌の成分/原材料を比べてみた

アレルケアと守る働く乳酸菌は、含まれている乳酸菌の種類と量は同じですが、他の成分には違いが見られます。

アレルケアと守る働く乳酸菌の原材料一覧

商品名 成分
アレルケア 麦芽糖、でんぷん、乳酸菌/植物油脂
アレルケアこども用 ぶどう糖、麦芽糖、でんぷん、乳酸菌/未焼成カルシウム、ショ糖脂肪酸エステル、酸味料、香料
守る働く乳酸菌 砂糖類(果糖ぶどう糖液糖、砂糖)、脱脂粉乳、乳酸菌粉末/酸味料、安定剤(大豆多糖類、ペクチン)、香料

アレルケア(粒タイプ)とこども用アレルケア、そして守る働く乳酸菌の原材料を比べると、アレルケアは原材料がとってもシンプルなことがわかります。

アレルケアの乳酸菌以外の原材料は、粒を飲みやすくするために甘みを足したり、粒の形に固めたりするための成分がほとんど。

どれも一般的な食品に使われており、安全なものばかりです。

一方、守る働く乳酸菌には少々気になる成分も含まれていますね。

アレルギーでも大丈夫?

アレルギーに関しては、アレルケアはアレルゲンフリーであるのに対して、守る働く乳酸菌は2つアレルゲン物質が含まれています。

<アレルゲン>
アレルケア:アレルゲンフリー
守る働く乳酸菌:脱脂粉乳(乳)大豆多糖類(大豆)
なっちゃん1
乳アレルギーか大豆アレルギーがある人は、守る働く乳酸菌は控えた方が良さそうです。

また、「守る働く乳酸菌」と「アレルケア こども用」は、乳酸菌と一緒にカルシウムも摂取できます。

でも、カルシウムの量はアレルケアこども用の方が多いんですね。

<カルシウム量>
アレルケアこども用:40mg
守る働く乳酸菌:33mg

アレルケアこども用は、アレルケアに比べると少し高いですが、それでも守る働く乳酸菌よりは低コスト。

また、1回分のカロリーで見ても、

アレルケア:2.64kcal
守る働く乳酸菌:112kcal

と、守る働く乳酸菌はカロリーも高いので注意です。(乳酸菌ドリンクなので仕方ないんですけどね)

どっちの方が飲みやすい?飲みやすさを比較!

大人にとって飲みやすいのはどっち?

まずは、大人にとっての飲みやすさから。

・アレルケア粒タイプ
・守る働く乳酸菌

は、どちらの方が飲みやすいのでしょうか。

アレルケアって飲みやすい?

アレルケアの粒タイプは、粒そのものが小さい(バファリンよりも小さい直径約8ミリ)ので、とても飲みやすいです。

それに、味付けの砂糖や香料が使われておらず、糖衣タイプでないのもポイント。

いかにも薬っぽい香りや苦味などは一切なく、気軽にポイッと口の中へ放り込めます。

無味無臭なので、長期間続けて味に飽きてしまう心配もありません。

また、アレルケアの粒タイプは、水などで飲むだけでなく噛み砕いて食べてもOK。

パウチ入りでかさばらないので、お出かけ先でも、いつでもどこでも気軽に乳酸菌を摂取できて便利です。

守る働く乳酸菌って飲みやすい?

守る働く乳酸菌は、味付けに砂糖類が入っています。

割と強い甘みがあるので、甘いものが苦手な人だと毎日飲み続けるのはキツイでしょう。

ただ、量は100mlと少ないため、守る働く乳酸菌を飲んでお腹がタプタプになってしまう心配はありません。

「どうしても粒が苦手」

という人は、飲料タイプならではの飲みやすさを感じるようです。

こどもが飲みやすいのはどっち?

「アレルケア こども用」と「守る働く乳酸菌」、こどもにとってはどちらの方が飲みやすいのか、実際にこどもたちに商品を試してもらいました!

アレルケアこども用の感想

アレルケアのこども用は、チュアブルタイプ。

口の中で飴玉のように舐めて溶かしてもOKですし、ガリガリ噛み砕いても大丈夫。

味付けはぶどう味とヨーグルト味の2種類あって、お菓子感覚で食べられます

そんなアレルケアのこども用ですが、食べてみたこどもたちからは、「おいしい」とかなり好評でした。

途中で止めないと、どんどん食べてしまうくらいの人気です。

守る働く乳酸菌の感想

守る働く乳酸菌を飲んだこどもたちの感想は、

「飲むヨーグルトみたいでおいしい!」
「飲みやすい」

というもの。

甘い味付けなので、こどもたちの好みにばっちり合ったようです。

こどもにとっては、アレルケアも守る働く乳酸菌も飲みやすいという結果になりました。

ただ、守る働く乳酸菌は味が1種類しかありません。

継続することを考えると、お子さんがよほど守る働く乳酸菌の味を気に入ってくれない限り、1ヵ月も経てば飽きてしまうでしょう。

味に飽きてしまうと、飲むのを嫌がるようになることも十分考えられます。

飽きにくさという意味では、味が2種類あるアレルケアの方が、お子さん向きの商品です。

飲みやすさはほぼ互角

どちらの商品も、飲みやすさに配慮されていました。

アレルケアを選んでも、守る働く乳酸菌を選んでも、年齢に関わらず無理なく継続できるでしょう。

「成分やコスパが良くても、粒だけは絶対に嫌」
「アレルケアこども用の味がダメ」

といった事情がないのであれば、コスパの良いアレルケアの方がおすすめです。

まとめ

商品名 乳酸菌量 コスパ 成分 飲みやすさ 入手のしやすさ
アレルケア 20.7mg ◎1日70円/1ヵ月2,100円。圧倒的なコスパ! ◎シンプルで添加物も最小限。アレルゲンフリー。 ◎無味無臭で粒も小さいから飲みやすい。 通販限定。
アレルケアこども用 20.7mg ○1日105円/1ヵ月3,150円。 ○カルシウムも摂れる。アレルゲンフリー。 ○味付きでおいしい。 通販限定。
守る働く乳酸菌 20.7mg △1日138円/1ヶ月4,140円。断トツで高い。 △大豆・乳アレルギーの人は選べない。 ○甘いのが好きな大人やこどもにはおすすめ。。 スーパーやコンビニでも手に入る。
この記事で大事なこと
・コスパや含有成分の面ではアレルケアがおすすめ
・守る働く乳酸菌が優れているのは「入手しやすさ」だけ
・基本はアレルケアを使い、つなぎとして守る働く乳酸菌を使うべし

守る働く乳酸菌が優っているのは「入手しやすさ」だけでした。

毎日継続することを考えると、守る働く乳酸菌より月々2,000円以上安くで続けられるアレルケアの方が、圧倒的にお得

長く続けることを前提に、アレルケアを割引価格で購入できる定期お届けコースを利用しましょう。

お子さんに人気のアレルケアこども用はこちらから

The following two tabs change content below.

なっちゃん

IT企業で営業アシスタントとして働く27歳。締め切ったオフィスの空調にやられてティッシュが手放せません・・・!乳酸菌は積極的に摂りたいけれど、ヨーグルトは体質的にNGなので、サプリ頼みです。